京都の町工場

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島 その1

<<   作成日時 : 2013/10/23 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8年間 行きたいと思いつつ行けなかった屋久島へ
お休みを頂いて ついに行ってきました

伊丹から屋久島まで たった1時間半のフライト
空港まで宿のオーナーが迎えに来てくださって
午後1時にはチェックイン

こんなにすぐに来れるなら もっと早く来れば良かった

気ままな一人旅だったので 着いた日はフラフラと散策

画像


地図で見ていると歩いて行けそうと思っていても
坂ばっかりの道なので 思いの外時間かかったりしますが
宮之浦周辺を観光して 翌日に備えて早めの就寝
明日は縄文杉目指しての登山です

今まで一度も登山なんてした事ないので
「平均8時間」とガイドブックに記載されているのを見て
まぁ二割増ぐらいかなぁ なんて考えてたのですが
(↑10時間ぐらいって事です)

翌日は宿のまん前にあるバス停から4時25分発のバスに乗車
そこから登山口までの専用バス乗り場まで行き 乗り換え
荒川登山口には6時前に到着
さて いよいよ出発です

ガイドさんを付けてられる方々はストレッチを始めてました
私は付けてなかったので早々とトロッコ道を歩き出しました

画像


「ガイドブックで見たな〜」と目の前に続くトロッコ道を見て
気持ち良かったのもつかの間
…これが延々と 本当に延々と続くんです
枕木は間隔がバラバラで 湿気で滑りやすく
非常に歩きにくい

途中から板に変わって 少し楽にはなりますが
今度は下の見える吊り橋が いっぱい出てきます

画像


私は高所恐怖症では無いのですが どうも体が硬くなって
変な体勢で渡り続けていたようです

画像


長いトロッコ道が終わると
「ここから急な道になります」みたいな文面が書かれた立て看板が

…急って言うか…すごいんですよ ここの部分
私には直角に見えましたよ
見間違いかと思いましたよ

岩に足を掛けて 手も使って這い上がり
そこからは岩の中を歩いて行きます

ハァハァ言いながら進んで行くと 有名な『ウィルソン株』に到着
角度を探すと 上部の空洞が綺麗なハート型になります

画像


写真を撮って 少し水分補給して またまた歩き出します

雨が強くなったり弱くなったりで降り続いていたのですが
早くも服がビチョビチョ
雨具借り忘れた自分が悪いんですがね…

ヤクシカに出会ったり

画像


人気のない森の空気に感動したり

画像


とにもかくにも 縄文杉に到着

画像


霧がかかったようになって一番上がハッキリ見えませんでしたが
とても大きい木です

いつ落ちるかわからない枝があるとの事で
正面側のデッキも閉鎖されているので
現在は側面からしか見られません

晴れていたら もう少しゆっくりしたかったんですが
雨がきつくなり出したので パパッと食事を済まして
引き返しました

帰りがまた…恐いんですよ
木の階段も岩の表面も 滑る滑る
既に脹脛が何か言ってましたが 無視
何度か足を滑らしながら 平坦なトロッコ道へ戻って来ました
…また延々と続くんですがね

登山口に到着したのは午後2時過ぎ
なんとまぁ 8時間少しで往復しました
やれば出来るもんですね〜
平均時間じゃないですか〜
この時点で パンツまでビチョビチョになってましたけど

バスを乗り継ぎ 宿に着いて
「ただいまぁ〜 寒いぃ〜 お風呂ぉ〜」と
玄関で倒れました

お風呂の時間まで少しあったのですが お湯をはってくださったので
一番風呂に入り 夕食も一番乗りで食べて
夜の9時には早々と布団に入りました

3年分ぐらい歩いた屋久島2日目 終了

帰り路は 黙々と歩いてたので画像が一枚も有りません(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋久島 その1 京都の町工場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる