京都の町工場

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島 その4

<<   作成日時 : 2013/10/29 15:09  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

屋久島5日目 最終日

帰りの飛行機は午前11時40分発
前夜の宴会で オーナーから
「明日は何か予定してる」と聞かれ

そうそう
中途半端に時間があるので どうしよう…と
思っていたところ

「良かったら出発まで パワー・スポット巡りに行く?」とのお誘い

それは嬉しい

これはオーナーの心配りで 帰りの人が希望すれば
連れて行ってられるのだそう
…ほぼ毎日ですよね

9時に宿の玄関集合 という事で
この日は6人が車に乗り込み
『(あまり)ガイドブックに載っていないパワー・スポット・ツアー』に
いざ出発

白谷雲水峡へ向かう際に通った道(多分)を行き
「は〜い、ここで降りて〜」と 何も無い 誰もいない
山の中で下車

小道を歩いて行くと 小さな鳥居が見えてきました

画像


「牛床詣所(うしどこもいしょ)」と あります

春・秋に行われた『岳参り』という山岳信仰の行事が
女人禁制であったため 女性や子供は 岳参りから戻った男性たちを
詣所で出迎え 御馳走を振る舞ったそうです

子供が病気になった時も祈りに来る 里の聖地として利用されていたそうです

画像


スピリチュアル・カウンセラーの方を連れて来た時
「ここのパワーは凄いですね」と言われたとのこと

本当に何も音の無い 柔らかい光の中で 暫くボーっとしました

画像


ガイド役オーナーの画(笑)  ↑

少し走った山道からは 宮之浦が一望できました
こんな高さの山の中にあります

画像


レンタカーを借りられたなら 是非寄ってみてください
蛭に要注意です


山を下りて第1陣のお見送り
高速船トッピーに乗る3人を乗り場まで送って行き
次のスポットへ

駐車場に車を止めてオーナーが
「木、持って帰る?」

屋久杉の事

どんどん海岸へ向かうオーナー

で 流木拾い

画像


一緒に探しましたけど 屋久杉の見分け方が難しい

手荷物になるので小ぶりの木を頂き
車を止めた「益救神社」へ

「益救」
これを「やく」と読みます
以前は「ますくひ」「すくひ」とも読んだそうです
また「一品宝球大権現」という呼名もあって
これは当社の神が 竜宮城より一品 宝珠を持ち帰った
故事によるそうです

この日のオーナーは ガイド役
昔はガイドをしてたと言ってられたのですが
みんなのカメラを預かって
撮ってくれる撮ってくれる(笑)

画像


車中でも島の話をたくさん聞かせてもらいました

ここで第2陣…私だけですが 送ってもらい
屋久島空港に到着したのは 11時25分
ギリギリ

荷物預けて 搭乗手続きして タラップまで走って
座席に座ってベルトして一息したら
飛行機動きました

最後の1分まで 時間使い果たしてきましたよ

が 白谷雲水峡に心残してきたので
山の雪が溶けた頃に もう一度行こうと思っています
次は2泊3日の弾丸日程になりそうですが

縄文杉登山は 一年はいいわ〜って感じなんで
…今はですけど

現地でハマりまくった
トビウオ

画像


姿カタチを変えてですが 毎夜食べてました
唐揚げは丸ごと食べれます
美味しかった〜

そして 飲めるようになってしまった焼酎

画像


この『三岳』は 工場が大きくなるまで
(小売りはしていないと言われた工場)
1人1本しか買えなかったそうです

どんだけ雨が降って水流が激しくても
透き通っていた 屋久島の水

水が綺麗だと 食べ物もお酒も美味しいに決まってます

トビウオの開きも 焼酎も 結構買い込んで帰りました
もぉ 酒飲み道まっしぐらですよ

こんだけ杉だらけでも 花粉症の症状も出ないと聞き
来春が今から楽しみです

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋久島 その4 京都の町工場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる