5日経って

本当に起こっている事なのか、と目を疑う映像が飛び込んできた
3月11日の大震災。

全てのテレビ局は報道特集番組を流し、被災地から離れた私達は
まるで戦争の後のような映像を、ずっと観ていました。

空から撮られた大津波、流されていく家や車、襲い来る波から逃げる人々、
家が、町が、村が、全て飲み込まれていく水の襲撃、
それを高台から見下ろす逃げ延びた人々の姿。

そして多くの人が、その波の中に消えて行きました。

天災だから仕方ない…と、思う事が出来ません。

そんな中、「天罰」という言葉を使った人がいます。
前後の話の流れはあるものの、この大災害は「天罰」だと。

家族全員が波に飲まれ、「おかあさん」と泣き叫ぶ
一人ぼっちになってしまった女の子。

夫婦で手を繋いで逃げていたのに、波に飲まれた時に離れ、
もう二度とその手を繋ぐことが出来ないご主人。

これ以上の被害を出さない為に、放射能の漏れている地域で
今も一生懸命作業している人たちとその家族。

こんなに酷い惨劇を起こすまでの悪行を誰がしたのでしょう。

「撤回する。謝罪する。」
それで許されるとは思わないのです。

言葉でついた傷は、血を流してついた傷より深い。
“言葉の暴力”だと思います。

この先、この人がどんなに良い事をされても、
この一言で傷ついた人達には許してもらえる事はないと思います。

なぜ、こんな大変な時に、こんな人がいるのか。情けない。


同じ国にいながら離れて暮らす私達には、申し訳ないくらいに
普通の日常が流れています。
何かしたい、何が出来るのか、ずっと考えていました。

音楽を通じて知り合った仲間たちと先日話し合い、
ライヴ会場に募金箱を持ちまわる事を決めました。

小額でも継続していけば少しは役に立つはず。
何年もかかるであろう被災地の復興まで、この募金活動を続けていこう、と。

そこから始めてみます。

毎日、被災地の皆さんはがんばってられます。
みんな、踏ん張って、踏ん張って、何とか乗り切ってください。

生きている、それだけで、奇跡なんですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック